Kinefoot®

ご購入はこちら

Kinefoot Suport Athlete

Kinefootがサポートするアスリートたちのご紹介 

Suport Rider 森脇尚護さん

「百分の1秒、千分の1秒もロスしたくない!」
これはサーキットを走るライダーにとって
当然の思いでしょう。 ライディングブーツ用のオーダーメイドインソール、オフタイム用オーダーメイドサンダルで足元をサポートさせていただいている
「株式会社モリワキエンジニアリング」副社長、
森脇尚護様が作成にお見えになった時の会話を元に、ライダーにとってのオーダーメイドインソールの役割を解説したいと思います。

ー  なぜオーダーメイドインソールを作ろうと思われましたか? ー

(森)「元々、偏平足ということもありチェンジ側の上下動時にブーツの中で足が動いてしまい無駄な動きが多いと感じていました。」

―  ステップやシフトレバーの位置や角度にはシビアなライダー。しかし意外と見過ごされがちなブーツの中の隙間・・・対応策はどのようにされていましたか? ―

(森)「今までは生地の分厚い靴下や市販の厚めのインソールを入れてごまかしている状態でした。
また足首が細くブーツ中間点でのフィット感がないのも気になっていました。最近のブーツはインナーブーツ方式も出てきて、随分とよくなりましたが、それでも私の場合まだ満足のいくレベルではありません。」

―  足首の隙間をパッディングで直接埋めるという方法もありますが、インソールでつま先から踵にかけてランプ角をつける(踵を高くする)ことで解消できると思います。しかも踵の骨が適切な角度でホールドされ足裏全体の接地感が増すことで、足首はもちろん膝や股関節も動きやすくなるといわれています。 ―  

(森)「そうなのですね! シケインやS字コーナー等の左右に切り返す場面で変化があるのか試してみたいと思います。」

― ブーツコスメにKinefootロゴ入れて頂きありがとうございます。
ご報告楽しみにしています。―

(森)「Kinefootさんではスキーのブーツをメインに手掛けているとお聞きしました。ウィンタースポーツではブーツの進化が著しく進んでいるため、最先端の技術や理論が体感できるのではと期待しております。」

― ありがとうございます。特にスキーのアルペンレースでは足裏そのものが コーナリングのための“バンク角” になりますので、皆さんとてもシビアに要求されます。そのノウハウをサーキットでお試しいただければ光栄です。 ―

(森)「サーキットでの走行で、新たな情報をフィードバックできればと思っております。」

― 私達もさらに良いものを作るため、モーターサイクルスポーツについて勉強していきたいと思います。これからもアドバイスよろしくお願い致します。―

(森)「こちらこそよろしくお願いします!」